時宗は少数派になる

時宗とはどのような宗派なのか

元々時宗は、浄土宗がさらに派生したものです。
そのためマナーが、浄土宗と似ています。
引導と授戒を行い、お線香を1本立てます。
お焼香も、1回から3回行うのが正しいマナーです。
さらに時宗では、戒名になる法名を故人に付けます。
お葬式は、急に呼ばれることが多いです。
その時に慌てないように、前もってマナーを知っておきましょう。

喪服を着用することや、派手な服装をしないことはどの宗派でも共通なので覚えておきましょう。
女性はメイクにも注意してください。
派手なメイクはいけませんが、まったくメイクをしないのもマナー違反です。
メイクをしないで行くと、故人や遺族に対して失礼にあたります。
ナチュラルメイクを意識すると良いでしょう。

天台宗のマナーを把握しよう

たくさんの宗派がありますが、その原点と言われているのが天台宗になります。
天台宗は、法華経を唱え引導のみが行われます。
お線香は、3本立ててください。
他の宗派は1本だけのところが多いので、マナーを間違えないでください。
お焼香は他の宗派と同じように、1回から3回と言われています。

お経を唱える時は、抑揚や節をつける部分が大きな特徴になります。
また天台宗には、棺の中に花の形をした紙を撒く儀式があります。
これを散華と呼んでいて、天台宗でしか見られない儀式になります。
儀式が行われている最中は、大人しく見守っていましょう。
騒いだり、用もないのに立ち上がったりするのはマナー違反です。
悲しい気持ちになった場合は、静かに泣きましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ